写真 21『人が死ぬということ』

中山 寒稀/主婦の友社

人が死ぬということ、それは何を意味するでしょう。この本は、遺された肉体の弔いの儀式を通じて、人が死ぬということの意味を見ていこうとするものです。そもそも弔いの儀式、つまりお葬式にまつわる「想定外」のドタバタこそ人の死の意味をもっともストレートに表すものではないでしょうか。弔いをめぐる様々な情報に振り回されて、大切なものを見失ったり、後悔しませんよう、この本がきっかけで「人が死ぬということ」の真の意味を考える1冊となっております。(担当/きむら)

主婦の友社さんのHPはこちら