[`evernote` not found]
LINEで送る

美文字じゃないけど美しい!書いた人の印象がアップする艶文字

自分の手書き文字に自信はありますか? 私は、手書きの文字は極力、避けたいというのが正直なところ。同じように、手書きで文字を書きたくないという方は、最近、増えているようです。しかし、そんな時代だからこそ、自信を持って文字が書けるのは、貴重なのかもしれません。

本書で提案している「艶文字」は美文字とは異なります。毛筆の筆使いをペン字に取り入れた艶っぽいひらがなのこと。その艶文字は、決して難しくなく、誰でもマスターできるのだそうです。その理由が3つ。

“理由その1

艶文字は、ひらがなを図形としてとらえ、比率や角度をふまえて図形を描く感覚で取り組める。

理由その2

「あ」から順に学ぶのではなく、形がシンプルな順に学び、その形を次の文字に活かせるので、上達の度合いが早い。

理由その3

ひらがなは48文字しかないが、文章の70%~80%を占めるので、労少なくして文章全体を美しく見せる効果が高い。”

明確なコツや練習方法があることで、誰でも艶文字をかけるようになるとのこと。1つ1つの文字に、角度や位置、書き方の細かなコツまでしっかりと指定されているため、書いてみたら全く違う印象になってしまったということがありません。しかも、マスターしなければいけないのは、48文字のみ。ゴールが見えていることも練習を続けやすいポイントなのではないでしょうか。

年賀状やちょっとしたメッセージなど、上品で繊細な文字で書かれたものをいただくと、本当に好感度が高いものです。文字を書かない時代だからこそ、自信をもって書ける艶文字には、インパクトがありそうですね。(中山寒稀)

 

『美文字より上品で色っぽい!艶文字ひらがな練習帳』

西村真翔(著)/文藝春秋

[`evernote` not found]
LINEで送る