そもそもiDeCoってなんだろう?からわかる資産運用の話

昨年、加入対象者が拡大して話題になったiDeCo。かく言う私もフリーランスで、老後資金には漠然とした不安を抱える中、ちょっと気になる存在でもありました。でも、素人の資産運用には不安がつきもの。しかも、勉強しようと思っても、専門用語が多用されていて、どこから始めたらいいのから悩んでしまう。興味はあるけどよくわからない、不安だというiDeCo初心者向けの一冊です。

iDeCoを始めるために大切なのは、まずは事前の下調べ。

“iDeCoで選びたい商品があっても、口座開設した金融機関にその商品があるとは限りません。ひとたび金融機関を決めてしまうと、変更するにはそれなりの時間がかかるので、選びたい商品があるかどうかの事前調査が必要です。”

そして、iDeCoプランステップをしっかりと踏んで加入手続きをします。

ステップ1 金融機関を決定する。商品を選ぶ。

ステップ2 金融機関に口座を開設する。

ステップ3 投信決定。金額決定。

ステップ4 年末調整or確定申告で税金の戻る手続きを

「どこから手を付けていいかわからない」という人でも、iDeCoを始めるステップや各ステップの注意点が丁寧に解説されています。「ランキングが正しいとは限らない」「イデコちゃん(iDeCoの公式キャラクター)は許可があれば誰でも使用できる」など、インターネットサイトの選び方は、なかなかシビア。

著者曰く、「知っておくと得をしますが、知らないで損をしていることは世の中に多く存在しています」とのこと。特に最近は、iDeCoの加入枠の拡大のほか、今年に入り「配偶者控除の壁」の改正など、ちょっと気になる変化が起きています。また、自分の年金ついても知らないことが多いものです。自分を守るためには、「知って得をする」ことが必要になってきそうですね。(中山寒稀)

『個人型確定拠出年金iDeCoプロの運用教えてあげる!』

安東隆司(著)/秀和システム