出版プロデューサーの天田です。企画のたまご屋さんには現在、25名の出版プロデューサーが活躍しています。その顔ぶれは、一言で表現するならば老若男女の多才集団。ミリオンセラーを連発した編集者から著者としてベストセラーを出した方も。今回ご紹介するおかのきんやさんは、マンガ家さんなんです。

okano

おかのきんやです。

私の本職はマンガ家です。ところが10年ほど前、ほとんどの仕事がなくなってしまいました。50歳をとうに超えていました。サラ金でお金を借りて日々のやり繰りをしていました。人生のどん底状態です。

そんな時、あることがキッカケで、企画のたまご屋さんから本を出すことができました。自分で本を出すとは夢にも思っていませんでした。だから、あまりにも簡単に、出版できたことに、とても驚きました。その後、5冊ほど連続で出版されました。

さらに、応募する側から、プロデューサーにならないかというお誘いがあり、いつのまにかプロデューサーの一員になってしまいました。現在40冊近くの自著、共著、企画書を出版しています。

企画のたまご屋さんは、私の人生をどん底から、夢と希望のある世界に大ジャンプさせてくれたのです。