[`evernote` not found]
LINEで送る

37『つい話したくなる 世界のなぞなぞ』

のり・たまみ /文藝春秋

世界には、同じテーマで「なぞなぞ」が数多く作られており、その国々の風土や文化により、同じものの表現や答えが異なっているのがよくわかります。そう、「なぞなぞ」は相互理解の早道なんです。世界のなぞなぞを知ることは、その地域の人々の生活・歴史・風土や価値観を知り、お互いを理解し合うことに通じます。世界を味わえる1冊です。(担当/もりた)

 文藝春秋さんのHPはこちら

 

[`evernote` not found]
LINEで送る