36『緑内障の最新治療』

平松 類  植田 俊彦 (監修)/時事通信社

緑内障は怖い病気です。しかし知ることで防ぐことができます。あなたはよくなろうと医者のいうことをキチンと聞いてくる。それなのに「こうするのではなかった」。そんな風に後悔してしまうのです。この本を読み終えると「医者はなんでこんな大切なことを教えてくれなかったのだ」とびっくりするかもしれません。後で知ろうと思っても手遅れになってしまいます。ですからいま知ってほしい、そんな1冊です。(担当/おかの)

時事通信社さんのHPはこちら