[`evernote` not found]
LINEで送る

夫婦二人三脚の不動産投資。サラリーマンだからこそできる資産形成法

書評写真:妻に不動産投資

子どもが小さいから働けない。キャリアウーマンだったけど仕事と家庭・育児の両立ができず、やむなく退社。そもそも、保育園に入れない……。家計に不安を抱えていても、働くことができない主婦は多いようです。

実は、主婦が働きに出ることなく経済的に余裕を持ち、なおかつ社会に居場所が欲しいという欲求を満たす方法があるとのこと。ソプラノ歌手でありながら、自らの資産形成法の経験を生かした講演で全国を回る人気講師が、家族が幸せになるための不動産投資を提案しています。

 

著者がすすめる不動産投資は、簡単に言うと「大家さん」のことです。アパートやマンションを所有し、家賃収入を得るという方法になります。

 「何の取り得も経験もない主婦がいきなり不動産投資なんて…」と躊躇してしまいますが、あくまで夫婦で協力して不動産投資をするのが前提。夫がサラリーマンである場合、就業規定により副業を禁止されていることが多いため、妻名義で物件を持つことが合理的なのです。

でも、株やFX、投資信託など、他の投資ではいけないのでしょうか。

 “不動産投資は、お金の動きだけではなく、マンションやアパートといった建物として「見える」ものであるということもポイントです。”

 “実体がある分だけ、手間がかかる側面もありますが、「見える」からこそ、リスクマネジメントができるのです。”

まず、不動産は他の投資に比べ、多少の相場の変化はあっても、急に大きく変わることがないこと。さらにアパートやマンションなどは身近な存在で、目に見える資産でもあり、住人やそれに関わる人が把握できるため、わかりやすく運営をすることができます。実際には、不動産投資のハードルはそれほど高くないそうです。

具体的に考えていくと、女性ならではの目線や感覚が生かせることに加え、平日の昼間に連絡が取りやすいなど、主婦ならではのメリットは大きいといえるでしょう。また、不動産投資をする不安やプレッシャーは妻だけが抱えることなく、夫と担うことができます。

不動産投資は、大きく稼ぐのではなく、まずは月々10万円程度の手堅い収入を目指すべきという著者の方針に共感しました。「投資」という言葉につい敬遠しがちですが、働き方の選択肢のひとつとして、考えてみてもいいのかもしれません。                                                                     (中山寒稀)

今すぐ妻に不動産投資をさせなさい

菅原久美子(著)/KADOKAWA

 

[`evernote` not found]
LINEで送る